教授よりごあいさつ

菅井 有 教授

 皆さん、こんにちは! 岩手医科大学病理診断学講座の菅井です。私たちのホームページをご覧いただきありがとうございます。本ホームページは皆さんに楽しんでいただけるコンテンツがたくさんあると思います。どうかじっくりご覧いただきたいと思います。

 さて、最初に、本教室の沿革について簡単に述べたいと思います。本教室は昭和57年に中央臨床検査部臨床病理部門という名称で設立された診療部門がその前身です。初代教授は高山和夫名誉教授です。高山先生は1992年に定年退職され、1993年には浜松医科大学病院病理部から中村眞一先生が二代教授として赴任されました。中村先生は消化管病理の専門家で、本教室を消化管専門の病理学教室として育てられ、多くの業績を残されました。その御業績は今も本教室の基礎となっています。2007年に中村先生は御退職されましたが、同年4月には本学の講座再編により病理学講座分子診断病理学分野として独立しました。2008年から私(菅井)が、同講座の特任教授、2010年からは教授となり現在に至っています。本講座は付属病院の病理診断科も担当しており、2007年より私が病理診断科部長を兼務していますので、大学病院の病理診断の中核を担っています。

 次に本教室の研究テーマについて簡単に紹介します。本講座の研究テーマは、消化器病理(消化管、胆道、膵臓)、婦人科病理、乳腺病理、などですが、2012年7月より石田和之君が准教授として赴任しましたので、移植病理も新しい研究テーマとして加わっています。本教室は腫瘍病理学を中心に、形態と分子異常との関連性について先進的な研究を進めてきました(業績参照)。そのための手法として腺管分離法という方法を用いています。この方法は正常粘膜や腫瘍組織から腺管(もしくは腫瘍腺管)のみを間質から離して分離・回収する方法です(この方法は中村前教授からお教えいただいた方法を基にしています)。これによって正常腺管や腫瘍腺管のみ解析が可能になります。これまで分離された腺管の形態と分子異常との関連性について多くの知見が明らかにされました。今後もこの研究方針に変更はありませんが、近年急速な進歩を遂げている網羅的なゲノム、エピゲノム異常などの新しい研究手法も積極的に取り入れていきたいと考えています。形態を分子レベルで説明することは現在においても十分ではありませんが、ゲノムワイドな研究手法は確実に形態と分子の間に橋をかけつつあります。形態と分子異常との関係を解析できるのは日常病理診断を行っている我々病理医だけのはずです。形を作るメカニズムの解明に一緒に取り組んでみませんか?新しい刺激と興味を皆さんに提供できると思います。研究には夢があります。是非一緒にその夢の実現を目指しましょう。

 本講座のもう1つの重要な仕事が病理診断です。病理診断は種々の疾患の最終診断になります。正確な診断なしに、正確な治療もありません。病理診断はその"正確"な臨床診断を基礎づけています。病理診断の進歩も著しく、専門外になると"あっと言う間"に浦島太郎になります。病理医は大学病院においても専門のみを診断していれば良いという訳ではありません。ほぼ全ての診療科から提出される検体の病理診断を行わなければなりません。その意味で病理医はオールマイティーを要求されます。本教室では専門外の領域については学外から専門の先生を招聘し、最新の知識を吸収できるようにしています。狭い専門領域のみに視野狭窄を起こしている訳ではありません。専門外の臓器に発生する疾患にもしっかり目配せが出来ています。多くの疾患を経験できるものも大学病院の特徴ですが、本教室では県内の基幹病院とも連携してより多くの病理診断が経験できるようにもしています。加えて基礎の病理学教室とも連携して精度の高い病理診断科として御評価いただけるよう努力しています。また臨床各科と多くのカンファランスを開いています。臨床所見や臨床画像と病理像(肉眼、組織)との対比を行い、実際の臨床画像がどのような組織像を反映しているのかを検討しています。病理診断をすれば病理診断医の役目を終わった、など言うのは現代の病理医には通用しない考え方と思います。病理医はまさに内科医や外科医などと同等の臨床医なのです。

 最後になりますが、我々の教室は臨床の理解のために病理を勉強したい、という臨床医も歓迎しています。どうか躊躇しないで、気軽に我々の教室の門を叩いて下さい。教室員一同御来室をお待ちしています。

岩手医科大学医学部 病理診断学講座 教授
同附属病院 病理診断科 部長
菅井 有


教室沿革

1982年 6月
中央臨床検査部に臨床病理部門が設立。
初代教授として第一病理学講座より高山和夫先生が就任。
1993年 5月
2代教授として浜松医科大学より中村眞一先生が就任。
2008年 4月
大学講座改編に伴い、病理学講座分子診断病理学分野となる。
2008年 4月
附属病院に病理診断科が標榜される。
病理診断科部長として菅井有准教授が就任。
2008年 7月
3代教授に菅井有先生が就任。
2014年 4月
大学講座改編に伴い、病理診断学講座となる。

コンテンツ メニュー

online教育資料

イーハトーブ病理専門研修プログラム(岩手)

お問い合わせ

岩手医科大学医学部 病理診断学講座
〒020-8505
岩手県盛岡市内丸19-1


Access