皆さんにも知ってほしいこと (過去のできごとから)

2015年4月17日 病理診断学講座セミナー「医療と法」

第47回 病理診断学講座 Seminar in Diagnostic Pathology にて「医療と法」をテーマに医師・弁護士である 小島 崇宏 先生にご講演いただきました.

医療関係者向け

今般、医療従事者を取り巻く医事紛争の状況 及び、病理にまつわる法律問題をわかりやすくご説明していただきました.
小島先生のご厚意により講演で使用されたスライドを掲載させていただいております.

  病理にまつわる法律問題  (PDF:1050KB)
  ご講演の様子はこちら
  大阪A&M法律事務所のホームページはこちら http://www.osaka-am-law.net/



2015年3月7日 『岩手県がんフォーラム 〜病理診断〜』を開催しました!

画像をクリックすると
ポスター拡大表示します

 2015年3月7日(土)に「岩手県がんフォーラム 〜病理診断〜」が岩手教育会館大ホール(盛岡市)で開催されました。
 このフォーラムには、岩手県におけるがんの病理診断の現状とこれからについて市民の皆様とともに考え、がんの治療に必要な病理診断について関心のある市民や医療従事者など、200人を超える来場者が岩手教育会館に集まりました。

「病理診断」についてより理解を深めていただく為、フォーラムで使用した各先生方のスライドを下記の通り掲載させていただきましたので、どうかじっくりとご覧になっていただきたいと思います。

第1部 岩手における病理診断の現状と問題点
 1. 吉田先生(外科医)
   「診療における病理診断の役割 〜病理医は大切な仕事をしています!〜」  (PDF:900KB)
 2. 石田先生(病理医)
   「知っていますか?病理診断 〜病理診断は次への道しるべ〜」  (PDF:4.18MB)
 3. 長沼先生(病理医)
   「少しは知られるようになった病理医の話 〜病理医を増やして質の高い医療を!〜」  (PDF:6.11MB)

第2部 女性のための病理診断
 1. 笹島先生(病理医)
   「子宮頸がんの場合 〜病理診断はどのように役立っていますか?〜」  (PDF:2.12MB)
 2. 川崎先生(病理医)
   「乳がんの場合 〜治療方針の根拠となる病理診断の実際〜」  (PDF:6.31MB)
 3. 柏葉先生(乳腺外科医)
   「乳がん診療 〜チーム医療.そして夢のブレストセンターへ〜」  (PDF:7.96MB)



2014年3月3日 澤井教授の最終講義

2014年3月3日 病理学講座先進機能病理学分野 澤井高志 教授の最終講義が行われました.

澤井先生はご自身の教室だけでなく病理学講座全体をまとめ,我々の教室についても常に気にかけてくださいました.
今回,澤井先生のご厚意により最終講義で使用されたスライドを掲載させていただきます.
最終講義は病理学の可能性がふんだんに散りばめられた内容で,病理を学ぶ我々が勇気づけられたご講演でした.ぜひその一端を感じとっていただきたいと思います.

  澤井教授の最終講義「私の病理学人生 −イノベーションは人との出会いから−」
  最終講義の様子はこちら



PDF形式のファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社の Adobe Reader が必要です.
お持ちでない方はダウンロードサイト(左のバナーをクリック)から無償でダウンロードできます.

コンテンツ メニュー

online教育資料

イーハトーブ病理専門研修プログラム(岩手)

お問い合わせ

岩手医科大学医学部 病理診断学講座
〒020-8505
岩手県盛岡市内丸19-1


Access